プロフィール

さにー

Author:さにー
九州・大分出身 信州・安曇野在住
2002年オーストラリアへパーマカルチャーをテーマに1年間旅をし、環境と食と体と心のつながりに興味を持つ。2007年静岡・浜松のスパイスカフェBija(現在閉店)の立ち上げに関わる。2009年安曇野・シャロムヒュッテにて石窯天然酵母パン・ピザ部門、2011年上田・天然酵母パンルヴァン信州上田店にてカフェ部門を担当する。2007、2011、2014にインドを訪れる。

フェアトレードにより途上国の生産者さんの生活向上や経済的自立を支援し、世界のどこかのだれかとつながり幸せを分かち合えたらと模索中。そして、「こだま食堂 curry + coffee」オープン準備中。

いつもありがとうございます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

yukiiro お菓子教室

DSC03079_convert_20160719121905.jpg

週末はyukiiroお菓子教室@こーさんのうち、行ってきました。
5,6月にワンデイカフェで出していただいた甘夏柑のタルトがおいしくて、ぜひタルトを教えてほしいとリクエスト。いまの旬はブルーベリー、他の2品にもたっぷりと、季節を味わうスイーツを作りました。

続きを読む

スポンサーサイト

アルプスごはんのつくり方 #2

DSC02845_convert_20160628120601.jpg

週末は松本の栞日さんでの「アルプスごはんのつくり方#2」へ。
安曇野・バジルクラブの鈴木さんと松本・ふぁーむしかないの鹿内ご夫妻のトーク、そしてフードユニットつむぎや・金子健一さんによるお食事、聞いて、見て、味わって…おいしいイベントを満喫。

DSC02850_convert_20160628115822.jpg

鹿内さんの野菜と鈴木さんのお米や合鴨肉などを使って出されるお料理は、フレッシュなオーガニック素材の彩りや香り、食感を楽しめ、一つひとつがとても味わい深いものでした。

DSC02853_convert_20160628115416.jpg

人と自然とを循環する農業は、先日見た映画「永遠のヨギー」と同じく「美しく、生きる」ことにもつながると思います。本来循環していたものがなかなか難しい時代となってゆくなかで、自然と対話しながらの農業を選び、そして地域や未来のために淡々とつないでゆく有機農家さんたち、その歩みがとても美しい。そして、体を張ってわたしたちの命の源となる食べ物を作る…とてもふかーい愛を感じます。

安曇野女子たちのアイドル鈴木さん、そして鹿内さん、応援してます!

DSC02867_convert_20160628122344.jpg

アフリカの風がふく

DSC02761_convert_20160619102620.jpg

久々にサブニュマの底知れないパワーあふれるパフォーマンスを楽しみました。
お腹の底まで響く太鼓の音、そのリズムで勝手に体は動き出す。ただただ楽しく、自然とその場に参加していく不思議な空気がまた気持ちいい。最後はお祭り状態、すごい熱気に包まれ、これまた気持ちよかった。

オルゴールのような音色が美しくて一時練習していた親指ピアノ・ムビラが南アフリカ・ジンバブエの楽器で、そのころからアフリカのお話を聞く機会をいただいた。早川千晶さんのトークと大西匡哉さんのライブも何度か訪れ、上田にいたときはお店でもやっていただいたこともあった。
アフリカは遠いだけに想像しづらい、けれど話を聞くたびに忘れてはいけない…と思う。同じ地球上に住む人が日々食べることに不自由をしていること、貧困による様々な犯罪に巻き込まれる子どもたちの現状、今回ケニア・キベラスラムのマゴソスクールからいらっしゃった主宰のリリアンさんと教頭オギラさんのお話から伺うことができた。

DSC02748_convert_20160619102355.jpg

どんなに困難に満ちた日でも朝目覚めたら「ありがとう」、つらいときこそ笑顔で、きっと明日はもっとよい世界が待っている…と、希望を持ってこの一日を精一杯生きるんだと。こちらがとても勇気付けられる力強いお話、そして光いっぱいの歌声と魂がよろこぶ踊り、アフリカの大きくあたたかい輪を感じた一日でした。多謝!

続きを読む

工芸の五月

DSC02549_convert_20160530194635.jpg


この週末は松本ではクラフトフェア、工芸の五月…ということでアトリエ宇 -sora- さんで行われたワークショップ「木のマグカップつくり」に参加。
マグカップの材は桂、もうひとつはくるみ(=硬くて重い…)。「山に持っていくのにいいよ~♪」のひとことで軽くてやわらかいほうを選びました。

続きを読む

きらめ樹

13245292_994443137278031_5509193346810068970_n_convert_20160517210631.jpg

先日ベッカライ麦星さんで行われた「きらめ樹」のお話会に行ってきました。
日本の住居が世界の森林破壊を起こしていること、そこから日本の森林を再生することへの活動、ひとつひとつが大切なお話、そしてすばらしい出会いでした。

築133年の古民家の床にはきらめ樹材が張られ、木のいい香りが漂う。ご先祖様もきっと喜んでいる、そんな雰囲気も漂っていました。

きらめ樹の活動が安曇野にも広がり始めています。
日本の森を後世によい姿で残せたらと願います。

NPO法人 森の蘇り きらめ樹
http://mori-no-yomigaeri.jimdo.com/
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。