プロフィール

さにー

Author:さにー
九州・大分出身 信州・安曇野在住
2002年オーストラリアへパーマカルチャーをテーマに1年間旅をし、環境と食と体と心のつながりに興味を持つ。2007年静岡・浜松のスパイスカフェBija(現在閉店)の立ち上げに関わる。2009年安曇野・シャロムヒュッテにて石窯天然酵母パン・ピザ部門、2011年上田・天然酵母パンルヴァン信州上田店にてカフェ部門を担当する。2007、2011、2014にインドを訪れる。

フェアトレードにより途上国の生産者さんの生活向上や経済的自立を支援し、世界のどこかのだれかとつながり幸せを分かち合えたらと模索中。そして、「こだま食堂 curry + coffee」オープン準備中。

いつもありがとうございます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市内の様子

DSC02582_サイズ変更

作業が終わった後、車で陸前高田と大船渡の市内を周ってみた。
道路の瓦礫はほとんど撤去され不自由なく走れましたが、脇に積み上げられた瓦礫の山、形をとどめないくらいにへこんだ車、そり曲がった標識、折れた電柱、大きく割れた防波堤・・・目に入るものすべてが目を瞑りたくなる光景だった。

津波の破壊力、恐ろしさを自分の目で確かめ、改めて自然の脅威を感じた。

続きを読む

スポンサーサイト

写真の洗浄作業

DSC02759_サイズ変更

最終日の3日目は大船渡のボランティアへ。
写真の洗浄作業をしました。
この施設に寄せられた写真は持ち主の分からないものもありますが、持ち主が洗浄を依頼され持ち込まれたものもあるとのこと。
家屋から出てきたアルバムなど、損傷の激しいものもありますが、丁寧に1枚ずつ洗っていきました。

続きを読む

ボランティアセンター

DSC02726_サイズ変更

今回3日間の作業日程で2日は陸前高田、1日は大船渡のボランティアセンターに行ってみました。それぞれの受け入れは個人で参加したボランティアでもスムーズで、力仕事ができない自分でもできそうな作業を選ぶことができました。
どの作業もたくさんの人の手が必要なものが多く、というか、機械ではなく人の手で丁寧にやっていかなければいけない作業が多かったです。

続きを読む

復興の湯

DSC02847_サイズ変更

ボランティア初日は復興の湯の清掃。
ここは震災後、避難所暮らしをする方のために地元有志の方が作られた無料のお風呂。
今は避難者がお風呂のついた仮設住宅に移られ、さみしいけれどこのお風呂の役目が終わった様子。
私たちがお手伝いに行ったその週末には閉鎖が決まっていた。

続きを読む

まだまだ必要~復興支援




東北・岩手へボランティア、陸前高田2日、大船渡1日と3日間作業をしました。早いもので明日は帰路…

震災からほぼ半年が経ち、当時よりはかなり片付いているはずだけど、目の前でみるものは愕然とする光景。

まだまだ終わらない…
どこまで支援?って聞かれても、もう充分だといえる日がくるのか自信はない。
あまりに大きすぎる爪痕、とにかくたくさんの手が、まだまだ必要…。

三陸の海、とても穏やかで美しかった。
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。