プロフィール

さにー

Author:さにー
九州・大分出身 信州・安曇野在住
2002年オーストラリアへパーマカルチャーをテーマに1年間旅をし、環境と食と体と心のつながりに興味を持つ。2007年静岡・浜松のスパイスカフェBija(現在閉店)の立ち上げに関わる。2009年安曇野・シャロムヒュッテにて石窯天然酵母パン・ピザ部門、2011年上田・天然酵母パンルヴァン信州上田店にてカフェ部門を担当する。2007、2011、2014にインドを訪れる。

フェアトレードにより途上国の生産者さんの生活向上や経済的自立を支援し、世界のどこかのだれかとつながり幸せを分かち合えたらと模索中。そして、「こだま食堂 curry + coffee」オープン準備中。

いつもありがとうございます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暮らし方を考える





昨日は久しぶりに小諸で自然農されている美斎津(みさいづ)さんを訪ねました。ちょうどお昼の休憩時で、テーブルにはみさいづさん自家製の漬け物、大豆の煮物、干し芋、くるみ、玄米餅…ごちそうが並ぶ。おしゃべりも楽しく食べるのを忘れてしまいます。


みさいづさんの生き方、自然に寄り添った暮らしは学ぶことが多い。これまでたくさんの研修生をお世話してこられ、この日も仕事のお休みにも関わらず、若い方がお手伝いにいらしていました。


今読んでいる「しあわせの開発学」の一節に「いのちの全体性や自然秩序の神聖さを理解して、自然との調和の中で生きることを教えてくれる。」と書いてある。まさにみさいづさんだなと思います。


太陽が昇ったら起きて沈んだら一日を終える暮らしがいいんだよ。食べるものがあればそれでいいじゃないかとしみじみおっしゃっていて、本当にそうなんだなって、今の自分の生き方や暮らし方を改めて見直さなければと…ジンワリ反省。

この本を読み終える頃には何かよい解決策が見つかるといいな。本当の豊かさを感じる暮らしをしたいな。

スポンサーサイト
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。