プロフィール

さにー

Author:さにー
九州・大分出身 信州・安曇野在住
2002年オーストラリアへパーマカルチャーをテーマに1年間旅をし、環境と食と体と心のつながりに興味を持つ。2007年静岡・浜松のスパイスカフェBija(現在閉店)の立ち上げに関わる。2009年安曇野・シャロムヒュッテにて石窯天然酵母パン・ピザ部門、2011年上田・天然酵母パンルヴァン信州上田店にてカフェ部門を担当する。2007、2011、2014にインドを訪れる。

フェアトレードにより途上国の生産者さんの生活向上や経済的自立を支援し、世界のどこかのだれかとつながり幸せを分かち合えたらと模索中。そして、「こだま食堂 curry + coffee」オープン準備中。

いつもありがとうございます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹と光のアート


DSC04851_サイズ変更

夕べは穂高神社で竹灯籠を灯す竹楽というイベントがありました。
竹楽は竹とろうそくの灯で演出するアートなイベントで年に一度大分の竹田市で行われています。
でも、なぜ安曇野で竹楽が行われたかというと・・・

穂高神社の祭神「穂高見神(ほたかみのかみ)」と竹田市の祖母山山頂の健男社上宮に祭られている豊玉琵売命(とよたまひめのみこと)がきょうだいという縁で、安曇野竹楽の最初の開催地を穂高神社に決めた。(市民タイムスより)

だそうです。

DSC04867_サイズ変更

神楽殿は極力電気を使わずに竹の灯りで・・・

DSC04868_サイズ変更

竹田市から贈られたのかな、荒城の月が彫られた竹灯籠
やはり火の光ってあったかくていいもんです。

DSC04871_サイズ変更

ところ変わって・・・
やっぱ冬に一度はここへ行かなきゃね~とかなちゃんと帰り道に寄ってみました。
安曇野冬の風物詩!八面大王のライトアップ&イルミネーション
しっとりとした灯りから華やかな明かりへ

DSC04875_サイズ変更

今年も電飾いっぱいゴージャスなツリー

DSC04882_サイズ変更

おぅ、スワンがアルプスの上を飛んでる、すごっ!

DSC04884_サイズ変更

これはペットボトルを使ってますよ。

DSC04892_サイズ変更

やっぱ今年はこれでしょ「おひさま」
陽子もいるの分かります?

DSC04894_サイズ変更

タイトル「温泉マーク3D」、ヤバイね~。

火の光と電気の光、両方美しさを楽しめますが、やはり自然の明かりはやさしさとあたたかさがあっていいですね♪
大分にいたころは臼杵市の竹宵は行ったことがあって、町中に竹灯籠の灯りと竹のアートがめぐらされて幻想的で異次元の空間が美しくとても印象的でした。
安曇野でも冬の風物詩として竹灯籠の灯りが定着するといいですね。

コメント

No title

本当にね。

竹灯篭、飯田も何年前からかな?やってます。

今の市長になってからだね。
今の市長は、大分の方で、地域社会(街づくり)を学んだ方で、その時に知り合った方をお呼びして、一緒に飯田市を作っていかれているという所からかな?
竹灯篭

桜の頃に夜灯されるのと、年末~除夜の鐘~初詣の時に灯されますね。

ステキなのですが、地域の役員さん達が沢山関わってくださって、成り立っています。
ご苦労様です。

No title

聡子さん

飯田もそうなんですね。
桜の頃もきれいだろうな・・・

九州は竹の繁殖がものすごいので伐採かねてこういうアートなイベントにして、終わった後は炭にして畑に蒔いてっていう循環がなされているそうです。子供たちも参加しての地域おこしになってるようですばらしいアイデアだなって思います。

No title

九州と穂高は切っても切れない縁ですね~

けいぴんさん

本当にご縁があります。
私の知る限り長野には大分県人4人いてそれもすごいなーなんて思います。
非公開コメント

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。