プロフィール

さにー

Author:さにー
いつもありがとうございます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「さにパン」から「ゆかパン」へ

DSC00639_サイズ変更

石窯横の野いちごの花が満開、早いもので5月も中旬。
わたしのシャロムライフもあと3ヶ月とちょっと。
ゴールデンウィークも終わり、ひと息ついたこれから徐々にパンとピザを引き継いでいく。

「さにパン」から「ゆかパン」へ

DSC00644_サイズ変更

わたしの後任、ゆかちゃんです。どうぞよろしく!
今日は手ごねでカンパーニュに挑戦しました。
おめでとう!記念すべきゆかパン1号ですよ。パチパチパチ♪


さぁ、次に吹く風を待ちながら私はどこへ行こう。

この2ヶ月、理想を実現させるためのトップダウンなやり方がいかに非効率で非生産的かよくみさせていただいた。
自分のこれからの生き方、働き方として学びになります。

積極的に、具体的に、友好的に、協力的に、そして現実をみつめながら、着実に歩を進めよう。ま、これも理想ではあるけどね。


コメント

次はどこへ?

サニーさんご苦労様です。
もう、残り三ヶ月なんですね。
今後ともご活躍を期待しています。

また遊びに行きます。

驚きました

サニーさん、こんにちは!

シャロムを旅立ってしまうんですね。
サニーさんのパン好きだったのに。。。
ジャグバンドやサッカー観戦でご一緒したのがついこの間のようです。

来月あたりシャロムor望さんのところに行こうと思っています。
また会えることを願って☆

No title

サニーさん、お久しぶりです!
8月に卒業だなんて、ビックリです~。
それまでには、必ずひーちゃんと遊びに行きますよ。
又、いろいろ話しましょう!

コクウ珈琲さん、こないだサニーさんと一緒に行った時のご縁で、9月にeventに参加することになりました~。

イッシー

ありがとう。
イッシーもご苦労さまです。いい場所は見つかったかな?私もご縁のあるところへ参りますよ。
またいつでも遊びに来てねー!

なつえさん

ごぶさたしてます。お元気ですか?
シャロムは今シーズンで辞める予定ではありました。少し時期は早くなりましたが…
近々安曇野へ遊びいらっしゃるんですね。シャロムへも顔出してくださいませ~。


hiroさん

久しぶりだねー。
へぇ!コクウ珈琲さんとのイベント決まったんだ。さすがhiroさんだー。
ひーちゃんとぜひ遊び来てよー。
今日はかちょうのご両親がわざわざパンを買いに来てくれました。うれしかったです。
こうやってシャロムから広がったご縁は感謝ですね~。

No title

8月で辞めるんや!ビックリした..。この間から涙の件といい理由はわからんけどずっと気になっちょったんよ。サニーがいる間にシャロムへ一度行きたかったな。何はともあれ次のステップへ向けてがんばろう。

No title

さとちゃん

ひさしぶり。ブログ見てくれてたんやー、ありがとう!
九州からはちょっと遠いけど、8月末まではいる予定だから夏休み子ども連れておいでよー。

大きく変わる

サニーさん シャロムコニュニティー 臼井です。
ありがとう気持ちはよくわかりますし 反発を感じていることを感じていました。
そのくらいの気概がある人がいることは有り難いことでした。
そうしないと前に進めない
帰着点に到達するには会話と強調が必要ですね。
ダイアローグボームが言ったことです。

また大きく変わるときには判断力が必要だと思っています。
舵取りの最終的な判断はトップがしなければなりません。
これを見誤ると沈没してしまいます。
心痛めたのは感じていますし 私もそうでした。
それほど大きな氷山を前にしていることに危機感を感じられる様になったのはとても良いことだと思っています。

大きな変革の時には痛みも必要かと思います。
労使の関係は決していいものではありません。
仕組みをかえることでたくさんのことが解決します。
シャンティクティでの関係性は労使間の関係性を超えて心地良い関係性を作っています。
そんな関係性にシャロムも持って行きたく思っています。
少し強引だったかもしれませんが私の提案は大きな解決の糸口になります。

競争原理から 分かち合う暮らしへ。                   シャロムコミュニティー

福島の災害や リーマンショックに見る経済破堤 地下資源の枯渇 オイルピーク 温暖化の問題 水不足 これからくる食料危機を考えるにつけ 経済システムも変える時に来たように思います。
降りていく生き方 分かち合う生き方です。有限な地球で無限な経済成長はあり得ません。

それはシャロムの生き方についても同様です。
シャロムはずっと皆さんに支えられてやってこれました。
有り難いことと感謝しています。
でも心の中に 葛藤がトップとしてずっとありました。
成長をし続けなければならない資本主義の生き方はもう無理なんだと考えてもいました。
個人の利益は得られるが地球が2.5個も必要な事になってしまう
地球一つで暮らす生き方にシフトする。
パーマカルチャーや自然農の考え 知足の暮らしに ワールドシフト、トランジションする。
「持続可能な幸福感に満ちた社会」はサーカー、ラビ・バトラのいう「プラウト主義経済社会」の実現です。
それはシュタイナー ガンジーが目指した世界でもあります。

今まで一緒にリーダーのもとに運営してきたシャロムを 
宿とレストラン ショップ 農を分離 パートナーシップによる より小さな組織にしました。
売り上げ 経費をみんなで分けるシステムとし コーポラティブ(組合方式)コミュニティーに移行します。

各自が自立して重なり合うそんな世界です。
自立心を高め 各自が経営者 そして支え合う よりスモールな感覚です。

農業はCSA(CSAとは、Community Supported Agricultureの頭文字をとったもので、
「地域のコミュニティに支持された農業」という意味)を取り入れレストランと宿で支える。
生きる基本である農を支え 暮らしのベースにした生き方です。

これからの理想的ないきかたです。

サニーさんも 対立する心のベクトルから融合するベクトルへそろそろ変わる時期かと思います。
よろしくお願いします。



No title

kenjiさん

こちらこそありがとうです。

わたしは対立はしていません。
きちんとした対話がほしかっただけですよ。

kenjiさんのいうこれからはリーダーシップからパートナーシップの時代というのは本当にそうだと思います。これまではトップダウンでやってきた、そうでなければ生き残れなかった時代ですが、もうそうではないのはご存知ですよね。kenjiさんが本当にそうしていただければシャロムの未来はあると思います。

喜怒哀楽、人間ですからバランスがとれているときもあればアンバランスなときもあります。そんな時、慈悲の心を養い、許すことも学びです。(自分自身を苦しみから解放するために許すといった意味です by ダライラマ)

今回、本当によい学びを得られたと感謝しています。

スタッフと対話のできるよい関係性を築きながら、持続可能なシャロムになってほしいと願います。




非公開コメント

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。