プロフィール

さにー

Author:さにー
九州・大分出身 信州・安曇野在住
2002年オーストラリアへパーマカルチャーをテーマに1年間旅をし、環境と食と体と心のつながりに興味を持つ。2007年静岡・浜松のスパイスカフェBija(現在閉店)の立ち上げに関わる。2009年安曇野・シャロムヒュッテにて石窯天然酵母パン・ピザ部門、2011年上田・天然酵母パンルヴァン信州上田店にてカフェ部門を担当する。2007、2011、2014にインドを訪れる。

フェアトレードにより途上国の生産者さんの生活向上や経済的自立を支援し、世界のどこかのだれかとつながり幸せを分かち合えたらと模索中。そして、「こだま食堂 curry + coffee」オープン準備中。

いつもありがとうございます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンマ Mata Amritanandamayi

インド・マラヤラム語で母を意味する「アンマ」その名は広く世界に知られています。
3年前、旅の途中に立ち寄ったここのアシュラム、そのときはアンマはツアーに出ていて不在でした。今回こうしてアンマとともに滞在していると日々驚きの連続である。

週4日あるダルシャン(抱擁)の日はインド、そして世界各国から多くの人たちが集まります。一日に1000人単位と思われる抱擁は、朝11時から始まり、深夜に及ぶこともあります。その間アンマは休憩もほとんどとらず絶え間なく人々からの悩みにも耳を傾けます。慈愛あふれるあたたかいまなざしから勇気と希望をいただきます。私も2度目のダルシャンを受けたときはとても驚きました。

2011年の大震災では迅速な対応、救援チームを送り、また多額の寄付、定期的な援助で復興活動。その感謝を表したくて抱擁のあと"Thank you for saving people in Japan."と伝えようとその日はずっとその瞬間まで心で唱えていました。そして胸に抱かれたとき耳元で「どういたしまいして、どういたしまして。」と日本語でささやかれました。アンマは基本的にケーララの言葉マラヤラム語で会話をしていますが、英語も理解します。けれど心も読むことができるのにはほんとに驚かされました。

今日もダルシャンのひ、もう夜10時近くなるのに抱きしめ続け笑顔も見せるアンマ。すごいです。

アンマは聖者であり、慈善事業も多岐に渡る人道的活動家でもあります。
災害救助、女性の自立支援、地域社会への支援、住宅建設、子供たちのホームケア、公衆衛生、保健医療、環境活動、教育、職業訓練など。
宗教、文化、国籍を超えたアンマの活動は世界の平和と協調を願い、愛と思いやりで語る一言ひとことで一人ひとりの心も抱きしめ、平安のメッセージを送ります。そして、Living with Harmony調和して生きることをアンマは実践し、世界へ伝えています。

アンマ公式サイト ジャパン
http://www.amma.jp/web/

コメント

No title

ようこさん!インドにいるなんて!
ものすごく久しぶりにブログをみて驚いてます。
ここは南極並みの寒さよ。
仲の良くなったインドの家族の
おいしいグジャラタ料理で乗り切ってます。
ようこさんとなんか不思議で面白いインドつながり。

No title

すて様

久しぶりだね!そうこの冬は2ヶ月ほどインドです。
こちらは日本でいう真夏の暑さだよ。
インドはごはんがおいしいよね。
食事制限されててもついつい食べてしまいます(笑)

非公開コメント

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。