プロフィール

さにー

Author:さにー
九州・大分出身 信州・安曇野在住
2002年オーストラリアへパーマカルチャーをテーマに1年間旅をし、環境と食と体と心のつながりに興味を持つ。2007年静岡・浜松のスパイスカフェBija(現在閉店)の立ち上げに関わる。2009年安曇野・シャロムヒュッテにて石窯天然酵母パン・ピザ部門、2011年上田・天然酵母パンルヴァン信州上田店にてカフェ部門を担当する。2007、2011、2014にインドを訪れる。

フェアトレードにより途上国の生産者さんの生活向上や経済的自立を支援し、世界のどこかのだれかとつながり幸せを分かち合えたらと模索中。そして、「こだま食堂 curry + coffee」オープン準備中。

いつもありがとうございます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

種を繋ぐこと




「よみがえりのレシピ」、昨日上田で上映会がありました。やっと見れました。

先祖代々継がれてきた伝統野菜、在来作物が品種改良された野菜に取って代わり失われていく。そんな時代を経ながらも、とにかく次の世代へ種を残さねばという思いで地元のおじいさんやおばあさんは毎年種を蒔き続けていた。焼き畑のシーン、本当に感動でした。

種は全ての源、私たちはその種がなければ食べることができず、生きることができない。日本は恵まれた環境にあり、巷に出回っているありとあらゆる豊富な食べ物を見ていると食べ物に困りそうには見えない。でも世界を見渡すと、早く種の危機に気がつかなければならないと思う。


上映のあと、安曇野たねバンクを立ち上げたシャロムコミュニティーの臼井さんのお話を聞く。

多様性、持続可能な暮らし、奪い合いから分かち合いへとシフトしていくこと。ひとつの種を守り繋いでゆくように、未来のこの地球が安心して暮らしていける場所であるように守り繋いでゆくこと、そんなお話でもありました。

今やらないでいつやるの?先人たちの智恵もっと身近にしてゆきたいと思います。

臼井さんのお話、こういう場で聞くのは初めて。やっぱおもしろいです。


コメント

非公開コメント

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。