プロフィール

さにー

Author:さにー
九州・大分出身 信州・安曇野在住
2002年オーストラリアへパーマカルチャーをテーマに1年間旅をし、環境と食と体と心のつながりに興味を持つ。2007年静岡・浜松のスパイスカフェBija(現在閉店)の立ち上げに関わる。2009年安曇野・シャロムヒュッテにて石窯天然酵母パン・ピザ部門、2011年上田・天然酵母パンルヴァン信州上田店にてカフェ部門を担当する。2007、2011、2014にインドを訪れる。

フェアトレードにより途上国の生産者さんの生活向上や経済的自立を支援し、世界のどこかのだれかとつながり幸せを分かち合えたらと模索中。そして、「こだま食堂 curry + coffee」オープン準備中。

いつもありがとうございます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足踏みミシンでタイパンツ

DSC03308_convert_20160811201907.jpg

工房まるげさんでのタイパンツつくり3日目。
前回は友達が来ていておしゃべりに夢中、作業は1時間弱だったので、今日はぴっちり集中して3時間半、ほぼ形が分かるくらいになりました。

生地は徳島のしじら織り(下)と福島の会津木綿(上)。西と東の伝統が1つになったタイパンツ、しげちゃんのチョイスはさすがすてきだな。しじら織りの軽くて肌触りのよい生地と藍の色が夏には涼しくて気持ちよさそう。
普段使いのものって毎日身につけていても飽きずに心地よいものがいい。使いこんでさらに風合いがよくなるのは天然素材ならでは。

信州の夏は短い、早く仕上げよう。
60歳からは陶芸か木工か布の作家にもなりたいと思うこのごろ。こばやしゆうさんみたいに自分で何でも作ってしまう人、あこがれです。やっぱり足踏みミシンがほしい…

カレーな友人と安曇野観光

DSC03275_convert_20160811094339.jpg

週末に友人一家が訪ねてきてくれて、いっしょに安曇野の観光。1日満喫ツアーは、堀金物産センター→安曇野ワイナリー→蕎麦屋とりい→穂高神社→わさび専門店→大王わさび農場。
夏休みの週末はどこもたくさんの人、分かっていたけどびっくりしました。そして、夏のこの時期に観光をするのは初めてだったのでとても新鮮、水の美しさに感動、安曇野の魅力再発見でした。


続きを読む

梅雨明けまだか。

DSC03210_convert_20160730111338.jpg

梅干はまだ1日しか干せずに待機中…梅雨明けはまだかな。
それでも畑や田んぼにとっては恵みの雨ですね。

DSC03156_convert_20160730111729.jpg

DSC03174_convert_20160730110934.jpg

最近のうちの庭、茄子もぼちぼち取れ、エゴマの葉はよく茂っています。

続きを読む

多謝! 1 Day Cafe @ Hop Frog Cafe

13770246_1782720261999670_1516466343996803260_n_convert_20160725132852.jpg

こだま食堂ワンデイカフェ@Hop Frog Cafe、無事に終了。
真夏のジリジリした暑さの中、ご来店いただきありがとうございました。

13754677_1012772212172219_6251144628448314298_n_convert_20160725133040.jpg

クラフトビールもとてもおいしそうに注がれ、そしておいしそうに飲み干される…
日曜の午後、至福の休日の光景が広がっていました。

今回はご予約が多かったこともあり12時の開店と同時にほぼ完売。リピートのお客様も何組かいらっしゃって、本当にありがたいことです。
会場となったHop Frog Cafeの吉川ご夫妻には細やかなところまで配慮していただきスムーズにやりきれました。本当に感謝です。

ワンデイカフェの回を重ねるごとに、新たなつながりがあれよあれよと広がり、わくわくします。そして、お客様とお話をしていると自分がどうしたいのかが段々とクリアになって、夢が広がっていきます。

で、こだま食堂ではカレー、そして薪窯のピザもやりたい!おいしい野菜も置きたい!って思うので「庭付きの一軒家」を探します。あれよあれよとお店の場所が見つかりますように…神さま、仏さま、ammaさま、どうぞよいお導きを~♪

13612312_1782720258666337_4670955971618465556_n_convert_20160725132916.jpg

さて、次回のワンデイカフェも松本です。
8月26日(金)、ラボラトリオさんで行います。ちょうどタイのバーンロムサイ展を開催中とのこと、とても楽しみです。
こちらへもぜひお出かけください。

いつもありがとうございます。

amma 来日プログラム2016

13726652_10153741484538302_5066252353553188592_n_convert_20160725133555.jpg

先日東京で行われたamma来日プログラムに行ってきました。

インド・マラヤラム語で母を意味する「amma(アンマ)」その名は広く世界に知られています。2011年、旅の途中に偶然立ち寄ったammaのアシュラム、3年後に再び訪れ1ヶ月のパンチャカルマを受けさせていただいた。

インドのアシュラムでは週4日あるダルシャン(抱擁)の日は地元インド、そして世界各国から多くの人たちが集まります。一日に数千人と思われる抱擁は、朝11時から始まり、深夜に及ぶこともあります。その間ammaは休憩もほとんどとらず絶え間なく人々からの悩みにも耳を傾けます。慈愛あふれるあたたかいまなざしから勇気と希望をいただきます。

ammaは聖者であり、慈善事業も多岐に渡る人道的活動家でもあります。災害救助、女性の自立支援、地域社会への支援、住宅建設、子供たちのホームケア、公衆衛生、保健医療、環境活動、教育、職業訓練など。宗教、文化、国籍を超えたammaの活動は世界の平和と協調を願い、愛と思いやりで語る一言ひとことで一人ひとりの心も抱きしめ、平安のメッセージを送ります。そして、Living with Harmony調和して生きることをammaは実践し、世界へ伝えています。

今回2年ぶりにダルシャンをしていただいた。翌朝の明け方まで続いたammaのダルシャン、無償の愛を捧げる姿に暖かい勇気を与えられました。
何をするにも愛情を込めて、自分の全力を注いで、無私無欲で働くこと。ammaはいつもそれを行動で私たちに示してくれます。充足感や幸せは外のものや状況ではなく、唯一自分の心次第。至福への道は愛と思いやり(慈悲)のある行動や思いの積み重ねだと・・・

The Highest Wisdom is Kindness. Amma

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。